塗って!描いて!彩れ粟島!あわしまイラストコンテスト
日本海きらきら羽越の旅
粟島マップ
あわしまガイドブック ダウンロードできます。
釣船案内
おすすめリンク
観光お問い合せ
粟島直売所 ばっけ屋

遊ぶ

粟島の夏を象徴するもの。それは透き通ったエメラルドブルーの海。海水浴が楽しめる海岸は美しく整備され、キャンプ場施設も充実しています。
また、粟島は新しいダイビングスポットとして、全国のダイバーから注目を集めています。

フィッシング 豪快に釣を楽しむ。
フィッシング

日本海の荒波に削られてできた複雑な岩礁は、多くの魚たちの絶好の棲家。岩場も多く、釣りポイントも数知れません。
磯釣りには岩渡しも利用でき、ビギナーから名人まで幅広くフィッシングの醍醐味が楽しめます。
シーズンは5月下旬から10月中旬が目安。
手軽にできるキスの投げ釣りなどは、子ども連れのレジャーとしても人気があります。

◆船釣り料金・釣船一覧

粟島フィッシングBEST5

[マダイ]
旬は春から初夏で、一般にタイといえばマダイのこと。粟島を代表する魚で、大謀網漁でも網の上でぴちぴち躍る姿を見ることができます。ふかせ釣りで9月・10月、磯釣りで6月中旬から10月いっぱい、船釣りで5月中旬から10月いっぱい楽しめます。

[ハナダイ]
全長30〜40cm。旬は春から初夏でマダイよりも小型。5月中旬から9月いっぱいまで釣りを楽しめます。正式な和名はチダイといい、これは尾びれの末端に血のように赤黒い縁が見られることから。俗にコダイとも呼ばれています。

[イシダイ]
全長30〜40cm。磯釣りの代表格で、引きが強いところが魅力の魚。シマダイとも呼ばれるのは、体に7本の幅の広い黒い横縞があるため。この縞は成長するとはっきりしなくなり、全体に黒っぽい姿になってきます。釣れる期間は6月初めから8月初め。

[メバル]
全長17〜25cm。メバルの仲間にはハチメ・クロソイなどいくつか種類があり、沖メバルは4月中旬から5月いっぱい、金メバルは5月初めから9月いっぱいが釣れる期間。春から初夏が旬で、わっぱ煮の材料にも用いられます。

[アイナメ]
全長20〜30cm。鮎のようになわばりを持つので、鮎並みがなまってアイナメになったといわれ、5〜6月に磯場で捕れます。“わっぱ煮”の材料に最適とされています。

粟島フィッシング年間早見表

海水浴 ご家族そろって素敵な夏を。
岩ゆり

東の内浦と西の釜谷2カ所に海水浴場があります。
内浦の海水浴場は砂浜が広がり、
澄みきった浅瀬の海は毎年多くの人でにぎわいます。
島の反対側に位置する釜谷は岩礁海岸。
海底の岩々まで、見通せる透明度のよさが売りものです。
いずれも民宿街から歩いて5分程度です。

キャンプ 夜空をうめつくす満天の空の下で家族や友人と語らい、美しい思い出を。
岩ゆり

内浦のハゲノ浜海水浴場と釜谷のオナマチ海水浴場周辺は、キャンプ場にも指定されています。それぞれのキャンプ場には、給水場とトイレが完備されていますので、快適に思い出づくりをしていただけると思います。 星が埋めつくす満天の夜空は、キャンプならではの隠れたスポットです。

岩ゆり

キャンプ情報

●貸テント料金

■6人用(3張り)2,500円(税込)(1泊の料金です)
※粟島観光案内所で貸し出します。
 

●貸バンガロー料金

■7.5畳/5,500円(税込)
■6畳/4,500円(税込)
■3畳/3,000円(税込)
(1泊の料金です)

※粟島浦村資料館で貸し出します。

●テント・バンガローのお問い合せは粟島観光案内所へ

TEL 0254-55-2146
 
Copyright © AWASHIMA Tourist Association. All Rights Reserved