粟島でしか食べられない味

どの時期に行っても粟島には、旬の魚料理があります。
そして、島独特の調理法で作られた粟島料理も、ぜひご堪能ください。

粟島でしか食べられない味

どの時期に行っても粟島には、旬の魚料理があります。そして、島独特の調理法で作られた粟島料理も、ぜひご堪能ください。

粟島グルメ

地魚さしみ

粟島は魚介類の宝庫。中でも名物と言えるのは鯛。5月から6月に産卵場所を求めて粟島周辺にやってきます。鮮度も味も島ならではです。

旬の時期:5月~6月

キャンプ

わっぱ煮

わっぱ煮

粟島の名物料理。杉を曲げて作った“わっぱ”という器に、磯魚と味噌を入れてお湯を注ぎ、真っ赤に焼いた石を落とした漁師料理。その時期に旬の捕れたて磯魚(メバル・カワハギなど)を使います。

旬の時期:4月~11月

イモダコ

イモダコ

特産のじゃがいもと捕れたてのタコを煮付けた、粟島では古くから食べられている家庭料理。ススキの咲く頃に捕れる「磯ダコ(マダコ)」を使ったものは特に絶品です。

旬の時期:9月~11月

左:清酒あわしま
        右:じゃがいも焼酎んっぽん

左:清酒あわしま
右:じゃがいも焼酎んっぽん

酵母菌の培養にミネラル豊富な粟島の海水を用い、丹念に仕込みをされた日本酒「あわしま」。じゃがいもを原料として使った焼酎「んっぽん」(粟島弁で“お母さん”の意味)。どちらもすっきりした飲み口が特徴のお酒です。

宿のご紹介

売店・飲食店のご紹介

Scroll Up